個別指導塾で中学受験の国語を極めよう

中学受験における国語の勉強は、一般的に大人が想像するよりもずっと奥が深いテクニックを要する科目です。
漢字、文法的な解釈、読解など、学校の教科書を眺めているだけではとても想像できないほどのレベルを中学校側から求められます。
中学受験というリミットまでに、どうしたらそこにたどり着けるか、ということに悩む場合が少なくありません。
そのギャップを埋めるために、お子様ごとのレベルに合わせた指導を受けられるのが個別指導塾です。

まずはお子様が小さいころから読み聞かせや年齢に応じた読書を通して蓄積していたはずの国語力を分析して、足りないところをチェックし、講師がそれを見極めていきます。暗記などは塾でやるものではありません。
ご家庭内において(ご家族のご協力も大切です)日々の生活の中でシステマチックに漢字や熟語などの暗記物をすすめ、それらの進行も鑑みてそのレベルに適切な教材を順番に解き進めます。
言葉の一つ一つを大切にし、それがどういう意味を持つのか、文章の流れの中で的確に理解を進めていけるように、お子様をご指導するのが個別指導塾の講師の役目です。

国語力の強化は中学受験を乗り越えたその後もお子様の大きな力になります。
中学受験は「試練」であるという捕らえ方から、そういう大切なものを身につけるよい機会なのだと見方をシフトして、個別指導塾でよりいっそう深く学んでみるのも良いのではないでしょうか。